まずは相談!資金繰りに困った時にやるべきポイントとは?

>

素人起業が失敗する理由

意外と多い!それも無駄かも?

2000年に入ってからサラリーマンが自営業、事業主になる人数は右肩上がりに増えています。しかし10年以内に事業収縮、または倒産する企業も比例して増えているのも事実です。良い意味で起業へのハードルが低くなった事で、ノウハウやリサーチ能力を持っていない方が起業して失敗しているのです。

素人起業が資金繰りに困る原因の一つに経営に無駄が多いという点が挙げられます。交通費や固定費は特に見落としやすい部分なので、出来る限り定期的にチェックして下さい。仮に在庫が余っているのであれば少しコストを落として売り切ってしまうのも無駄を削減する方法の一つです。

難しい話ですがツールを使って人件費を削減するのも無駄をなくす手段です。

経営計画を見直してみる

人件費や固定費をいくら削減しても元々の経営計画に穴があると意味がありません。当初の計画通りに事業は進んでいるので資金繰りが厳しい場合は経営計画の見直しが必要です。

素人起業はこれらのノウハウを持っておらず、経営計画の甘さや穴に気付きにくいです。担当している税理士がいれば逐一相談が必要ですし、事業を大きくしすぎたと感じた場合は縮小を検討するのも良い方法です。税理士や弁護士など、周りに相談する方がいない。または自分の会社なので自分でどうにかしたい。そう思うのは素人企業の甘さでありウィークポイントです。

頼れるツテは全力で使いながら、損切りは早い段階で行うのがこの先生き残る為の唯一の方法では無いでしょうか。


Share!
TOPへ戻る